40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

40歳からの転職に必要な5つの手順

 転職には流れがあることをご存知でしょうか。この流れは、ただ単に転職活動の順番を把握しておけばいいというものでもありません。それぞれがどんな意味を持ち、それぞれとどんな取り組み方で向き合っていくのかが重要なのです。その要となる部分を整理してみます。

就職・転職準備について

 転職活動の中心となるのはきっと求人や面接だと思っている人が多いはず。しかし、それらも全ては準備があるからこそ成功するもの。どんな求人を探すべきかも面接でのアピールも、結局は自分のことや社会・企業のことを知らないと上手くはできません。分析と考察、これを繰り返しましょう。

【参考記事】
転職の目的を定める
企業研究を徹底する
自分の市場価値を調べる

求人情報について

 求人情報は集めやすい方法を活用すればいいと思います。ただ、その集めやすい方法を見つけるための情報も集める必要があるでしょう。つまり、最初から偏った媒体だけに頼らず、一通り利用してみてから取り組みやすい媒体を見つけた方が幅も広がり、濃密な情報収集ができるのです。

【参考記事】
あらゆる求人情報媒体を使う
40歳と転職エージェント
40歳は活用すべき転職サイトのスカウト機能

履歴書や職務経歴書について

 履歴書と職務経歴書は、書きやすさ重視ではいけません。企業の採用担当者が見やすいことを何よりも重視すべきです。40歳以上の方は、こうした書類のビジュアルを軽視し過ぎの傾向があります。経験と実績があれば書類審査に通過すると、変に思い込み過ぎない方がいいでしょう。

【参考記事】
40歳は履歴書で何を見られるのか
40歳は職務経歴書で何を見られるのか
応募書類の送り方にも配慮する

面接について

 人からは、雰囲気というものが常に醸し出されています。転職における面接では、この雰囲気を良いものにしておく必要があります。自分が主張したいことや伝えたいことも山ほどあるでしょうが、他者からどう見られているのかを意識して面接の予習をした方がいいでしょう。

【参考記事】
40歳の面接マナー
志望動機をどう語るのか
40歳の面接対策

退職・入社準備について

 個人の都合と会社の都合が折り合わず、円満退職とは言えない状況に陥ることもあるかもしれません。それならそれでいい、とは思わないこと。退職そのものも転職先への入社準備である、そうした意識を強く持てば、円満な退職ができるのではないでしょうか。

【参考記事】
円満退職は優秀さの証
入社すべきかどうかのチェックポイント
40歳の途中入社
退職するけどまとめて有給休暇を取得できますか?!
試用期間について不安を持っている方必見
この意識を持っていれば、入社後もすぐに会社に馴染むことができます

公開日:
最終更新日:2015/11/30