40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

40歳は職務経歴書で何を見られるのか

   

過去と現在、未来を見られている

 職務経歴書の応募書類における役割は、応募者の過去と現在、未来を伝えることです。具体的にいうと、これまでどんな仕事をしてきて、その結果いま何ができて、自分の将来をどう考えているかを、しっかり伝えるということです。

 ここで大事になるのが、応募企業が求めている募集職種にマッチする、キャリアと実績、スキルを有しているか否かです。

 40歳ともなれば、人件費に見合う以上の成果を、即戦力として時間をおかずにあげることが求められますので、ここがきちんと書かれていないと、書類選考を通過することはできません。そして、これまでの勤務先の規模と従業員数、自分が担っていた業務範囲、担当していた仕事内容の詳細などにより、応募者の市場価値の高低に差が生まれます。

フォーマット選びも重要

 職務経歴書は、どんな年齢の応募者であっても、A4版で1~3枚以内におさめるのがセオリーです。そのため、「編年方式」「逆編年方式」「キャリア方式」のいずれのフォーマットを選ぶのかも、大事なポイントになります。

 自分に付加価値をつけるためには、職務だけでなく、マネジメント経験など、組織的に担った役割も重要なので、しっかり記載しましょう。

【関連記事】
40歳は履歴書で何を見られるのか
応募書類の送り方にも配慮する

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

40歳は履歴書で何を見られるのか

応募書類における履歴書の役割  応募書類における履歴書の役割は、応募者個人の経歴 …

応募書類の送り方にも配慮する

応募書類の送り方には人間性が出る  履歴書や職務経歴書にどんなに力を注いだとして …