40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

40歳は履歴書で何を見られるのか

   

応募書類における履歴書の役割

 応募書類における履歴書の役割は、応募者個人の経歴を伝えることで、そのために転職者用フォーマットがつくられています。

 勤務に際して前提条件となる、通勤可能な居住地に住んでいるのか、扶養家族の有無などの個人情報をはじめ、募集職種に対応する学歴や職歴、資格・免許を有しているかが、まず基本のチェックポイントになります。

 40歳で正社員雇用を目指す場合、過去に経験のある業界や職種で求人探しをするのがセオリーですから、必要事項をしっかり書き込みます。また、履歴書はビジネス文書同様、書き方に定型がありますので、それに則って書くことが大切です。

最重要ポイントは「志望動機」

 とはいえ、40歳の応募者を書類選考するにあたって、企業の採用担当者が最重視しているのは「志望動機」です。ここで書かれているべきことは、応募企業に入社したいと考えた理由、そして、自分が入社後にどんな貢献ができるかです。

 さらに、応募企業に貢献できる根拠となるキャリアや実績、入社後に携わりたい仕事内容に触れると、よりベターです。そうした、企業サイドに立ち、自分を採用することでのメリットをアピールすることで、面接のチャンスをつかみましょう。

【関連記事】
40歳は職務経歴書で何を見られるのか
応募書類の送り方にも配慮する

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

応募書類の送り方にも配慮する

応募書類の送り方には人間性が出る  履歴書や職務経歴書にどんなに力を注いだとして …

40歳は職務経歴書で何を見られるのか

過去と現在、未来を見られている  職務経歴書の応募書類における役割は、応募者の過 …