40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

40歳の面接対策

   

応募企業の周辺情報も収集しておく

 転職面接が成功するかどうかは、事前準備にどれだけ力を注いだかにかかっています。応募書類の読み返しや、企業のホームページをチェックするのは当然なことで、40歳の場合はそれだけでは足りません。

 応募企業のライバル会社についても調べ、シェア拡大のための課題は何か、中途採用者に求める業務と役割は何かを熟考し、自分なりに貢献できるポイントを整理しておくことが大事です。

 面接官の興味・関心を引きたいなら、情報を数値化して比較するなど、十分に準備をした点をアピールするという方法もあります。抽象的な概念を話すより、できるだけ具体的な事例を話せるように、しっかり情報収集をしておきましょう。

表情と話し方に注意する

 転職面接では、あなたより年下の面接官と向き合うことになる可能性も十分にあります。過去の仕事に自信があるひとほど、それが横柄な態度につながるケースが多いので、常に謙虚な姿勢で面接に臨むことが大事です。

 質問されたことには短く的確に答える、やわらかい表情を保つように意識することで、立ち居振る舞いやコミュニケーションのとり方に大きな差が生まれるはずです。可能であれば、一度模擬面接をしておくとよいでしょう。

 - 面接

  関連記事

40歳の面接マナー

身だしなみのマナー  40歳の求職者の場合、在職中に転職活動を始めるひとも多いこ …

志望動機をどう語るのか

双方のニーズがマッチする点を強調する  面接で志望動機を話すときには、面接官の手 …