40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

転職しようかな、と少しでも考えたらまず検討しなければならないこと

   

転職を考えたらまず振り返ってみること

 一生懸命仕事をしている時でも、いやそういう時だからこそ、不意に転職しようかと考えることがあります。そのような「ふと」思う場合でなく、仕事そのものやそれにまつわる環境に長年苦労して、最後に転職を考える場合もあるでしょう。どのような場合でも、転職は人生とって大きな転機であり、リスクの伴うものです。少しでも転職を考えたら、まず以下のことを振り返り、本当に転職が正しいのか判断してみましょう。

転職で失うものについて検討する

 転職してみないとなかなかわからないことですが、転職によって得るものもありますが、失うものもかなりあるのが事実です。たとえば、その会社に長年勤めることによって培われた「その会社の中でのネットワーク」などです。普段は気づきませんが、長年会社にいることによって社内のネットワークができ、それが自分の仕事を進めるうえでかなりのアドバンテージなっています。「この仕事を進めるうえでは、開発のあの人を押さえておいた方がいいな」などのことがわかるのは、やはりその会社で長年仕事をしてきたおかげです。

 転職をすると、そのようなものが全くなくなり、すべてを新たに作らなければなりません。これは意外に仕事をするうえでハンデになることです。そういうことを失っても、新しい仕事をしたほうがいいのか、新しい仕事でそのようなハンデを背負ってもやっていけるか、ということをよく考えましょう。

自分のキャリアが魅力あるものか考える

 自分の仕事に自信を持っていても、それが他社にとって魅力あるものでなければ転職は成功しません。したがって、自分の今までの仕事やキャリアは、他社にとってどう映るのか、ということを事前によく考え、それが「魅力あるもの」だと判断できてから転職を考えましょう。

 しかしこれはなかなか客観的には自分でわからない部分もありますので、他社の知り合いや、場合によってはここだけ転職間セラーに相談するものいいと思います。転職は人生おける大きなチャレンジでリスクも大きいです。よく以上のことを考えて、そのうえで判断しましょう。

 - おすすめ情報

  関連記事

no image
転職をする際に考えておくべき3つの事

転職先の条件を決める  転職をする際にまずするべきなのが、新しい職場に求める条件 …

no image
転職の前に考慮すべき2つのポイント

 給料が安い、やりがいがない、職場の環境が良くない、など転職を考えるようになる理 …

健康診断は定期的に受けておこう

 40歳を中途採用するにあたり、企業が健康診断書の提出を求めることがあります。 …

no image
まず己を知ってから転職を考えよう

あなたの売りは何ですか  転職を目指すホワイトカラーが増えています。30~40代 …

no image
タイミングを見計らって転職活動をする

十分な準備をしてから活動を始める  転職活動というのは、しっかりと準備をしてから …