40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

応募書類の送り方にも配慮する

   

応募書類の送り方には人間性が出る

 履歴書や職務経歴書にどんなに力を注いだとしても、応募書類の送り方のマナーを守っていなければ、書類選考の減点ポイントになるのは当然なことです。

 応募書類はビジネス文書と同じですから、封筒の選び方から宛名の書き方まで、守るべきマナーがあります。

 まず、応募書類を折らずに済むサイズの大判封筒に入れること、封筒の色もビジネスの場にふさわしいように白か茶色にすること、宛名の書き方は企業あるいは担当部署宛なのか、担当者個人宛に送るのかで、宛名の書き方が異なります。こうした基本でミソを付けることがないよう、十分に注意してください。

添え状は必ず入れる

 そしてもう一つ、40歳の求職者は、必ず添え状を入れるようにしましょう。というのも、40歳が応募可能な求人には、30代・50代の応募者も多く、全員を面接することはありえません。

 また、履歴書や職務経歴書も、すべて丹念に目を通すわけではないので、まず企業の採用担当者の目にとまることが大切です。そうした意味でも、添え状に募集を知った経緯や、面接のチャンスを与えて欲しいという気持ちを書き添えるのは、十分意味があります。

 合わせて、応募書類は透明のクリアファイルに入れてから、封入するようにしましょう。

【関連記事】
40歳は履歴書で何を見られるのか
40歳は職務経歴書で何を見られるのか

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

40歳は職務経歴書で何を見られるのか

過去と現在、未来を見られている  職務経歴書の応募書類における役割は、応募者の過 …

40歳は履歴書で何を見られるのか

応募書類における履歴書の役割  応募書類における履歴書の役割は、応募者個人の経歴 …