40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

志望動機をどう語るのか

   

双方のニーズがマッチする点を強調する

 面接で志望動機を話すときには、面接官の手元に履歴書と職務経歴書が置かれています。面接官は、そこに書かれている内容を確認したいのではなく、そこに書ききれなかった思いを聞くことで、入社の意欲や入社後のビジョンをどう考えているのかをはかろうとしています。

 履歴書の志望動機欄を補完できるよう、自分の職歴が募集職種にマッチする点、過去の経験を活かして、入社後にどのように企業貢献できると考えているのかを、具体的なエピソードを添えて、話すことが大前提です。

 双方のニーズにマッチするポイントが多いことを、ここでしっかりアピールしておきましょう。

マネジメントスキルもアピールしておく

 40歳の中途採用者の場合、入社後に管理職として手腕を発揮できる素養があるかどうかも、採否に大きく影響します。

 そのため、個人でどんな実績をあげたいと考えているのかだけでなく、組織でより大きな成果をあげるために、どんなことができると考えているかをアピールしておくことも、面接官の興味を引くうえで大きく影響します。

 入社後に多角的に貢献したいという思いを、過去の経験になぞらえて話しておくことも、テクニックの一つです。

 - 面接

  関連記事

40歳の面接対策

応募企業の周辺情報も収集しておく  転職面接が成功するかどうかは、事前準備にどれ …

40歳の面接マナー

身だしなみのマナー  40歳の求職者の場合、在職中に転職活動を始めるひとも多いこ …