40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

企業研究を徹底する

   

40歳が企業研究を行う意味

 年齢が上がれば上がるほど、応募前に企業研究をどの程度行ったかが、大事なポイントになってきます。

 というのも、40歳の転職活動における企業研究は、単に応募するか否かを決めるための情報収集に留まらないからです。

 40歳ともなると、自分が入社したいか否かという観点だけでなく、企業が自分を採用するメリットがあるかどうかも考慮して、応募を検討する必要があります。

 そのためにも、採用にあたって、企業が中途採用者に求めるものは何かを、企業研究を通して探る必要があるのです。

企業研究の進め方

 企業研究の基本は、応募を検討している会社のホームページを見たり、「会社四季報」「帝国データバンク会社年鑑」「東商信用録」といった投資家向けの情報なども駆使し、新卒者の離職率や社員の平均在籍期間、財務状況など、ありとあらゆる情報を収集し、多角的に検討することです。

 また、同じ業界や職種の企業への応募を検討している場合、人脈を駆使して情報収集するという方法もあります。

 そうした情報収集の中で、応募企業の課題や望んでいる人物像をリサーチできれば、応募書類や面接でも役立てることができます。しっかり企業研究をしましょう。

【関連記事】
転職の目的を定める
自分の市場価値を調べる

 - 転職準備・進め方

  関連記事

転職の目的を定める

40歳が定める転職の目的  景気の回復と行政のテコ入れを受けて、40代・50代を …

自分の市場価値を調べる

市場価値を知って計画をたてる  40歳の転職活動の場合、自分の希望が叶うかどうか …