40歳からの転職の成功秘訣を公開!

*

この意識を持っていれば、入社後もすぐに会社に馴染むことができます

   

新人のつもりで過ごしましょう

 入社後の注意点で最も重要なものとなるのが、“初心忘るべからず”、という言葉であり意識。これを忘れてしまったら、新しい会社であなたのことを受け入れてもらうのは難しくなるでしょう。新人のつもりでと40歳以上の人に言うのは少しはばかられますが、しかし転職後は絶対に忘れてはいけない意識となるのではないでしょうか。

 新人のつもりで過ごすとは、学ぶ姿勢を大事にし、何事に対しても謙虚に打込むということ。年下の人でも部下であっても、元々その会社にいた人は一種の先輩でもあるわけですから、その意識を持って接することが求められるはずです。

周囲の反応をつぶさに観察

 新しい会社で働くことになれば、あなたに対して他の社員があらゆる反応を見せてくると思います。そうした周囲の反応をつぶさに観察し、それに適した対応を取らなければなりません。

 何か言葉を発した時、少し引いた様子があれば、それはすぐに改めたいですし、入社後すぐに積極的に関わっても問題なさそうであれば、仕事を効率良く進めるため、あるいは人間関係を深めるためにも、積極性を増すことを考えてもいいでしょう。

 自分の価値観のみで動くと失敗してしまいかねません。あくまでも自分の方が新しい会社やそこで働く従業員に馴染むという意識を持っておく、これが大事な入社後の注意点となることは間違いないのです。

何気ない会話で縮めたい距離感

 仕事をする時には必ず会話をしなければなりません。しかし、コミュニケーションを取るのは仕事をする時ばかりとは限りません。むしろ、仕事ではない時の会話の方がお互いの距離を縮められたりするものです。

 何気ない会話を積極的にするよう心がけましょう。入社後、これが自然にできれば、新しい会社やそこにいる人たちの雰囲気に馴染むことも難しくなくなります。何気ない会話で距離が縮められれば、今度はそれが仕事をする時の距離感にも良い影響を与え、スムーズに連携することにも繋がり、業務を捗らせることができると考えられます。

 あらゆるところに好影響を及ぼしますから、入社後は何気ない会話で距離感を縮めることも意識しておくポイントとして頭に入れておいた方がいいでしょう。

 - 退職・入社

  関連記事

円満退職は優秀さの証

どうして円満退職する必要があるのか  20代であれば、転職先が決まったからと、自 …

退職するけどまとめて有給休暇を取得できますか?!

 転職先が内定したら退職手続きに入りますが、問題なのは過去に何年も同じ会社で働き …

40歳の途中入社

新入社員であるという意識を持つ  40歳の場合、入社後すぐに管理職として働き始め …

試用期間について不安を持っている方必見

試用期間は評価期間  試用期間とは何だろう?と疑問を思った人は、転職のことや自分 …

入社すべきかどうかのチェックポイント

働く環境もしっかりチェックする  40歳での転職の場合、入社後にミスマッチに気づ …